心電計コンバータ LS-CMC-0001

概要

心電図データをDICOM変換。DICOM画像のほかにJPEG画像やPDFファイルへ同時変換

心電図データをDICOM3.0規格に準拠した画像に変換し、DICOMサーバへ送信するソフトウェアです。Windowsマシンとの一体型またはWindowsマシンへの出力に対応した心電計であれば、DICOM画像へ変換することが出来ます。

DICOM化することにより、院内システムの一元管理をスムーズに行うことが出来ます。

クリックで拡大


基本性能

本ソフトウェアは、パソコンに取り込んだ心電図波形や、解析・測定結果をDICOM画像に変換いたします。患者情報を自動的に取得し、印刷したいイメージをそのまま、DICOMサーバへ送信することが出来ます。

ほとんどの処理をバックグラウンドで行うため、入力作業もほとんどありません。また、DICOM画像に変換するだけでなく、同時にJPEG画像やPDFファイルといった汎用的なファイル形式への出力も可能ですので、電子カルテへの貼り付けにもとても便利です。ご使用のパソコンに本アプリケーションをインストールすることにより、院内の放射線システムと一体化することが可能になり、迅速かつ効率的な病院運営を支援いたします。

心電計データの流れ

製品仕様

OS WindowsXP SP2
※他のOSのご要望がございましたら、ご相談に応じます。
対応心電計 WindowsXPマシンに接続可能な機器
※接続可能な機種についてはお問合せください。
対応プロトコル DICOM Storage SCU(Secondary Capture Storage)
ディスプレイ 汎用ディスプレイ 640×480以上