医療クラウドNo1 電子カルテ PACS DICOM開発
ライフサイエンス コンピューティング株式会社


東京都豊島区南池袋2-30-12
BITビル7F
TEL:03-5911-1455
お問い合わせ

DICOMゲートウェイ LS-GWD-0001

概要

院内システムの一元管理に必要なDICOMゲートウェイ。モダリティ装置から出力されるデジタルデータのDICOM化に対応。超小型(筐体の体積:CDケース約4枚分)

超音波診断装置、内視鏡、パノラマ装置、眼底カメラ等のDICOM未対応の装置からJPEG・TIFF・BMP等の非DICOM形式の画像データをDICOM3.0規格に準拠した画像へ変換し、DICOMサーバへ送信します。
既存の装置を使用したまま、省スペースかつ低コストで、システム統合が可能となります。

基本性能

本製品は、患者情報の入力は一切不要になります。
デジタル出力に対応しているモダリティ装置であれば、モダリティ装置に入力した患者情報をそのまま画像へ付加し、DICOM画像として送信します。

本製品は、JPEG・TIFF・BMP等の非DICOM形式の画像データをDICOM変換する『DICOMコンバータ』として利用することも可能としています。 そのため、DICOM画像ではない形式でファイリングしてしまった過去の画像であっても、DICOM画像として変換・送信することが可能です。

既存のシステムに統合したい場合などは、アプリケーションの提供やOEM供給にも対応しています。

デジタルデータ出力時のデータの流れ
デジタルデータ出力時のデータの流れ(デジタル版)

製品仕様

対応プロトコル DICOM Storage SCU (Secondary Capture Storage)
DICOM Modality Worklist SCU(オプション)
外形寸法 150mm(W) × 45mm(H) × 110mm(D)
重量 約 0.52Kg